カースト制度は、身分を区別するものではない

インドのカースト制度は、身分制度として広く知られています。 しかし、カースト(Varna & Jati)が記されている聖典リグ・ヴェーダを読めば、少し異なった解釈を得られます。 3000年の歴史を持つ聖典から、人生の糧を得ていきましょう。 正解の幻想に捉われてはいけない 動画での考察は、常識を破るような見解だったため、研究者の方は不快に思われたかもしれない。 しかし、冷静に考えて宗教学者でもない我々が「カースト=差別」という形式的な知識を覚えて、何の意味があるだろうか。 仮に間違っていたとしても、私の解釈の方が、遥かに人生において糧にならないだろうか。 3000年(あるいはそれ以上)前の書き手が意図したことなど、今では確かめようもないのだから。 聖書然り、聖典というものは、政治的な事情で度々書き換えが行われるため、全く本質ではない内容に変わることがある。 仏教が「南無阿弥陀仏を唱えるだけで極楽浄土に行ける」という怠惰な解釈になったように。 そのため、私は出来る限り原文(に近いもの)で読むことを心掛け、常に現代の解釈を疑いながら、書き手(神)の意図を汲み取ろうとすることを心掛けている。 プルシャ賛歌は、聖書と重なる部分も多く、愛と気付きを与えてくれる書物で、現代のインドで根深い問題を抱えている「差別」を示唆したとはどうにも思えなかった。 逆に「精神の成熟度」という解釈にすると、心理学の巨匠マズローが定義した五段階欲求説とも限りなく一致し、腑に落ちたため採用した。 家に帰って、家族を愛してください 1979年のノーベル平和賞の授賞式で、このような逸話が残っている。 平和賞を受賞したマザー・テレサは、登壇後にある女性からこのようなことを尋ねられた。 女性)What can we do to promote world peace? 世界平和のために、私たちに何ができますか? マザー) Go home and love your family 家に帰って家族を愛してください 出典がwikipediaだけだったので事実かどうかは明らかではないが、マザーは他にも数々の名言を残した(とされている)ので、引用させていただいた。 (wikipediaより) Nobel Peace Prize In 1979, Mother Teresa received the Nobel Peace Prize “for work undertaken in the struggle … Continue reading カースト制度は、身分を区別するものではない