エマ・ワトソンとバーボンを

“自由” とは、あらゆる現象の由縁を、自らに置く在り方のことである hiroaki(マーケットの魔術師、求道者) (館主の日記)07, Apr, 2017 / Arlington The KEG にて 済まないが、そろそろ会計にして欲しい。 English please. Here is Texas(英語で頼む、ここはテキサスだ) ここ数日のステーキ中心の食生活と、3杯目のバーボンのオン・ザ・ロックで、酔いが回ってきたこともあり、自分が今、日本から1万キロ離れたテキサスにいることを瞬間的に忘れていた。   14時間の時差たちも、私の思考を全力で邪魔しているに違いない。 やれやれ、またロクでもないタクシーを呼ばなければいけないのか… 金曜日の穏やかな夜に、気の利いたバーで知り合ったエマ・ワトソン似の女の子と飲んでいるにも関わらず、本日23回目のため息をつくのは、私がテキサスのタクシー・ドライバーに対して、ある種の失望と諦めを感じているからだ。 正直に告白すると、私はがっかりしているのだと思う。 しかし思い返せば、私の人生において、タクシー・ドライバーとの関係は、満ち足りて友好的なものであった。 彼らの多くは私に対して好意を抱いていたようだし、(私の感じ方さえ間違っていなければ)少なくない割合で、ある種の “敬意” さえ感じることができた。 彼らが口にする “Have a good day” には、文字通り祝福の念があり、彼らの微笑みには、チップを要求しない純粋な好意があった。 私の下らないジョークにも、まるでハリウッド・スターがスピーチの掴みに絶妙なそれを放ったときのように、腹を抱えて笑ってくれた。 しかし、フォートワースに着いてから僅か4日目にして、長年、彼らと築き上げてきたそれは、資産から負債へと項目を移した。 皆、申し合わせたかのように、到着時刻にはきっちり30分遅れ、料金は、正規のダブル(時にはトリプル)を要求し、おまけに、渾身のユーモアまで黙殺された。 僅か5マイルの距離で、100ドルを澄ました顔で請求されたときには、“穏やかさが服を着て歩いている” と一部で言われている私でも、手持ちのカフェ・アメリカーノを頭から浴びせようか真剣に悩んだくらいだ。 確かに、「君は短気で偏狭だ」と言われれば、その通りかもしれないが、私にも腹を立てる権利くらいあるはずだ。 「もしも、テキサスのドライバーに腹を立てない人間がいるとすれば、その身体に流れているのは、血液ではなく、トマト・ジュースに違いない。」 私は試しに、その仮説をエマ・ワトソンに打ち明けてみた。 「あなたの言い分はわかるけど、ベストを尽くしていないわ。私なら事前に話を付けておくし、そもそもUBERを使うべきよ。」 彼女の言う通りだった。 「原因を内側に向けない限り発展はない。インサイド・アウトだ。」哲学的なバーテンダーもエマに2票目を入れた。 私は降参して、3票目を投票箱に入れた。 なぜならば、確かなことなど何ひとつないこの世界において、インサイド・アウトだけは、私が心から確信している知的財産の一つだったからだ。 ※インサイド・アウト 物事の原因を “外側” ではなく、常に “内側” に求めること バーボンのお代わりを待っている間、エマは席を外し、私はふと、日本の “ある宿” での出来事を想い出していた。 … Continue reading エマ・ワトソンとバーボンを